読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく生きる法則

《からだにいいこと》公式ブロガー  リンパセラピスト・アロマテラピスト 美容 健康 メンタルの3つを基礎に、自分らしく生きる人生をテーマにお伝えしていきます。浜松 セルフリンパマッサージ 浜松 セルフリンパドレナージュ セルフリンパ講座、イベント出店、美容記事執筆等のお仕事依頼お待ちしています☆

考え方で世界は変えられる話

目の前に起こっている出来事は現実なのか、幻想なのか

なんて、ふと思うことがあります。

 

f:id:lune0222:20160703020521j:plain

 

実は私たち人間は、1日にいくつもの考え事と決断をして生きています。

朝起きてテレビをつけたり、家族と話をしたり、会社へ行って仕事をしていると

沢山の情報が入ってきますよね。

 

それを見てどう感じるかが重要なポイントです。

 

起こっている出来事は全く同じでも、人によって受け取り方に差があります。

ある人にとってはとてもポジティブな内容だとしても、ある人にとっては圧を感じる場合もあるということです。

 

物事には必ず表と裏があって、一見良くない出来事だとしても、それがあったから前に進めた訳で

人生で無駄な経験は1つもないんです。

 

f:id:lune0222:20160703020551j:plain

 

脳にはRAS機能というものがあるのはご存じですか☺?

 

これは、自分の中で重要だと感じたものだけを膨大な情報の中から探してくれる不思議な機能です。

必要ない情報は、たとえ目の前にあっても見えていないのです。

 

例えば「車を〇〇に替えたい」と思ったとします。

すると、急にやたらとその車種を目にする機会が増えます。

 

「ペットが飼いたい」と思えば、たまたま付けたテレビでペットについての特集が組まれていたり、

「子供がそろそろ欲しいかな」と思えば、街で歩いている人が子供を連れた人や妊婦さんばかりのような気がします。

 

全て初めからあるのですが、必要ない時には見えていなかったのですね。

 

自分が見ていることが全部正しい、ちゃんと把握していると思っていても

立場が変われば言うことも感じ方も変わってくるのかもしれません。

 

ちょっと話が壮大になりますが|д゚)

何が正しくて間違いか、良いのか悪いのか

正義なのか悪なのか

 

それも「絶対」は存在しないんだと思うようになりました。

 

だから目の前に起きている出来事に対して、1度冷静に考えるのも大切かなと思うんです。

 

1度きりの人生は、自分で納得して決めたいし、どうせ生きるなら前向きでいきたい。

そんなことを思った日でした。

 

lune

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ