自分らしく生きる法則

【からだにいいこと】公式ブロガー。ファッション関連の専門学校を卒業後、約5年間アパレル事業に携わり 同時期に南国旅行に目覚める。OWダイビングライセンスを取得する為、沖縄へ1人旅に行ったり 経験もないのにノリでホノルルマラソンを完走、というフットワークの軽さが特技。 気になったらすぐに調べないと気がすまない。 美容にも興味を持ち、様々な方法を自らの体で試した結果、 -7kgのダイエットに成功。リンパセラピスト・アロマケアセラピストの資格も取得。 好きなこと:海外旅行(南国)、グルメ、音楽、美容、ファッショ

本当にやりたいことかどうか見分ける方法

様々な情報が入ってくる中、流行りだったり誰かの影響だったりで

どれが本当にやりたいことなのか分からなくなってくることもあるかと思います。

 

やりたいことが明確になっている場合は、脳にあるRAS機能(必要だと感じた情報を集める機能)が働いて情報を集めてくれますが

そうでない場合は、まずやりたいこと探しからですね。

 

f:id:lune0222:20160817022334j:plain

 

なにが好きか、何をやってみたいか

という大まかなくくりでも構いませんが、もし基準をつけるとしたら「誰も評価してくれなくてもやりたいか」ということ。

 

やりたいと言っていたことが、「これをしていたらかっこいいと思われそうだから」など、周囲からの評価が目的だった場合

期待していた結果がなくても続けられるでしょうか?

 

もしかしたら、「周囲から認められるまで努力し続けよう」というポジティブな状況になる可能性もありますが

何ヶ月経っても何年経っても、誰からも感謝もされず評価もされなければ、虚しくなってやめてしまうことも考えられますよね。

 

f:id:lune0222:20160817022412j:plain

 

しかしそれが本当に自分のやりたいことだった場合、結果を急がず着実に日々やりきることができるのです。好きな事ですから、努力や継続もさほど苦にならないのです✨

 

もし本当にやりたいことなのかどうか迷ったら、感謝してもらえなくてもやりたいか、それを抜きにして自分が好きなことは何か、を考えてみてもいいかもしれません。

 

それでは今日も1日楽しく過ごしましょう♡

 

lune

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ