自分らしく生きる法則 一度きりの人生、最高に楽しく。

美容 健康 マインド 3つを基礎に、毎日をハッピーで生きられるコツをお届けします。

悩みは自分で作り出し、自分で解決できる。

人間の脳は、空白を嫌います。

なんでだろう?と疑問を持つ度に答えを探し、空白を埋めようとするのです。

 

おすすめ記事

lune0222.hatenablog.com

 

これは自分自身のやりたいことや選択に迫られたときには良い作業なのですが、時間ができる度にやりすぎると悩みが浮かんできたり、ひたすら1人反省会になってしまいます。

 

f:id:lune0222:20160906232328j:plain

 

悩むのは時間が余っていて暇な時が多いはずです。

家事・仕事・趣味などで忙しくしていれば、悩んでいる時間はありません。

 

例えば旅行の準備でバタバタしているときや何かに熱中しているときに深刻に悩むことはないですよね?

たいてい1人でぼーっとしているときや、ふっと気が抜けたときに落ち込んでいませんか?

 

f:id:lune0222:20160906232335j:plain

 

人は夜になるほど悩みやすくなるといわれています。少なからず天気や光の影響を受けているんですよね。

夜に日記や手紙を書くと感傷的になりがちだから、大事なことはメンタルが安定している日中に終えてしまいましょう。

 

夜中ついつい通販でネットショッピングをしてしまうのも、判断力が鈍くなるからです。

 

どんなに悩むなと言われても、一度考え始めたら思考が止まらなくなってしまうこともあるかと思いますが、悩みは悩みを呼びます。悩むから心配になるし、心配事は全て自分が作りだしています。

 

ただ1つだけ言えることは、どんな状況でも永遠はありえないということ。

いつかは終わりがきます。良いことも悪いことも。

 

だから今どんなに辛くてしんどい状況だったとしても、永遠に続くことはありません。

 

失恋や離婚をして、周囲の幸せを喜べなくても

仕事で大きなミスをして上司から叱られても

なんだかやること全てが空回りのように感じる時も

虚無感で心が消えてしまいそうな時も

家族とうまくいかなくてこんな家庭出ていきたいと思った時も

 

必ず終わりがきます。だから、だいじょうぶ。

 

今の状態がいつまで続くかわからないからこそ、この状況を楽しむのも良い解決策です。止まない雨はない・明けない夜はないという言葉があるように、どーんと構えてその時を待っていれば焦らなくても状況は変化していきます。

 

それを乗り越えたときに強くなれます。それが経験となって、自分の強みになりますから。

 

lune

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ