読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく生きる法則

《からだにいいこと》公式ブロガー  リンパセラピスト・アロマテラピスト 美容 健康 メンタルの3つを基礎に、自分らしく生きる人生をテーマにお伝えしていきます。浜松 セルフリンパマッサージ 浜松 セルフリンパドレナージュ セルフリンパ講座、イベント出店、美容記事執筆等のお仕事依頼お待ちしています☆

傷つくことを言われた時に。

 人を傷つけたくてあえてひどいことを言っている人は、思っているよりも少ないです。

大半はよかれと思って言ったことや、ただ単にそう思ったという素直な意見。それが相手の受け取り方次第で『傷つく』結果となります💦

 

f:id:lune0222:20161013233209j:plain 

例えば子供を欲しいと思っていても妊娠できない時。親戚や知人からの『子供はまだ作らないの?』とか

逆に子供を授かる決意が出来ずにいる時に、姑からの『子供できたら⚪︎⚪︎だよ』『面倒みるよ』とか

フリーランスになって、やりたいことが仕事に出来て幸せなのに、『休みなくて仕事大変そう』『そんなに生活きついの?』とか

色々やりたいことがあって、それに向かって頑張ってるのに『早く安定した生活にしなよ』『それより結婚したら?』とか。

 

正直それを言われたこちら側としては、『余計なお世話‼︎』な一言も有るわけです😭

言った側としてはただ思ったことを口にして、悪気はないんですがね…

だけどこれって、内容によっては自分も誰かに感じたことや相手の為!と思ったことをズケズケと言ってしまっていることもありうるのです。

自分では気づかないですからね😖💦

 

そして、状況が変われば言われたほうの受け取り方も変わります。

その時のタイミング次第ってことですね…‼︎

だから無意識のうちに相手を傷つけていないかなって、何か言葉を発する時に考えてみてもいいかもしれません。

言われた側も、ほんとに言われて嫌だと感じたら我慢する必要はなくて。

相手はなんとなく言ったんだろうなと察しつつ、さらっと大人の対応で自分の意思も伝えてみてほしいです☺︎✨

今日も良い日になりますように。

 

lune

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ