自分らしく生きる法則

【からだにいいこと】公式ブロガー。ファッション関連の専門学校を卒業後、約5年間アパレル事業に携わり 同時期に南国旅行に目覚める。OWダイビングライセンスを取得する為、沖縄へ1人旅に行ったり 経験もないのにノリでホノルルマラソンを完走、というフットワークの軽さが特技。 気になったらすぐに調べないと気がすまない。 美容にも興味を持ち、様々な方法を自らの体で試した結果、 -7kgのダイエットに成功。リンパセラピスト・アロマケアセラピストの資格も取得。 好きなこと:海外旅行(南国)、グルメ、音楽、美容、ファッショ

0か100か。

白黒ハッキリつけないと気が済まない人は、ストレスが溜まりやすいです。

 

これが正解でこれが間違い‼︎とか

これが良くてこれが悪いこと‼︎とか

物事全てに白黒つけなくてもOK、なんですね。

  f:id:lune0222:20161013232417j:plain

どちらかに決めないというグレーゾーンの選択肢を自分の中で増やすと

心に余裕がうまれます。

 

自分にも厳しい人は、人にも厳しいです?

こうあるべき。という理想が高いのは良いことでもありますが、時には遊びの部分がないと、気を張り詰めて疲れてしまいます。

誰かの行動を見て腹をたてたり落ち込んだりと、対象は変われど毎回何かに攻撃の思考を放っていることになります…

自分で自分を苦しめていることになります?それは嫌ですよね?

 

⚪︎⚪︎するべき、⚪︎⚪︎が当たり前、常識という気持ちでモヤモヤした毎日を過ごしているのであれば、もっと適当になってみてもいいかもしれません?

真面目で堅実なあなたであれば、適当すぎるんじゃないの?っていうレベルまで緩く生きても大丈夫かと思います。

誰かに苦しめられてたのではなく、自分が原因だったんですね。

自分の捉え方を変えるだけで、生きるのが楽になります☺︎♪

 

lune