自分らしく生きる法則

【からだにいいこと】公式ブロガー。ファッション関連の専門学校を卒業後、約5年間アパレル事業に携わり 同時期に南国旅行に目覚める。OWダイビングライセンスを取得する為、沖縄へ1人旅に行ったり 経験もないのにノリでホノルルマラソンを完走、というフットワークの軽さが特技。 気になったらすぐに調べないと気がすまない。 美容にも興味を持ち、様々な方法を自らの体で試した結果、 -7kgのダイエットに成功。リンパセラピスト・アロマケアセラピストの資格も取得。 好きなこと:海外旅行(南国)、グルメ、音楽、美容、ファッショ

『遊ぶとき』と『やるとき』。やる気のメリハリをつけよう♪

上司が言っていた言葉を思い出しました。

『俺はやってるフリが1番嫌いだ』

 

そうそう、仕事でみなさんも経験したことがあるかと思いますが

暇でもなんとなくやってる風にしておかなきゃ・・

って時ありますよね?

 

特に組織が大きい職場ほど人数も増えるし、皆も忙しそうなそぶりをしていたりすると

どうしてもさぼるなんて大胆なことできませんよね・・?

f:id:lune0222:20161127124628j:plain

その気持ち、すっごくわかります!!

だってわたしもその1人だったから。

 

だけど、人の集中力って限界で約90分と言われていて

だらだらとやることもないのに仕事を進めていると、いざという時にパワーが出せないんですね。

 

もちろん誰かの仕事を手伝ったり、徹底的に掃除をしたり

普段できない細かい作業を見つけるのも仕事の一環ですが

それでもどうして暇だー???

という時は、思い切って休む。(そもそもパソコンを使う仕事の人は、肩と目に疲労が集中するので、こまめに休む必要があります)

 

日本人は働きすぎってこと。笑

超まじめなの、わたしたちは‼︎‼︎

 

休むときは休んで、いざって時に全力で仕事に打ち込めばいい。

 

『いや、そんなことできるわけない』って人もいるでしょうし、上司自体がパソコンと電話交互ににらめっこしていたり、常に仕事しろって雰囲気の会社も沢山ありますけどね・・・

 

さまざまな意見があるかと思いますが、それに全員が同意していたり

会社のパフォーマンスが高いのであればそれはそれでOKなわけで。

こういう考え方も1つの選択肢というだけです。

 

仕事の進め方はそれぞれですが、結果最高の仕事ができるのであれば

メリハリで仕事をするのもお勧めです。

『あいつ、やる時はやるなー』なんて周りからの評価が高くなれば

ますます頑張ろうと思えるかもしれませんね♪

 

lune

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ