自分らしく生きる法則

【からだにいいこと】公式ブロガー。ファッション関連の専門学校を卒業後、約5年間アパレル事業に携わり 同時期に南国旅行に目覚める。OWダイビングライセンスを取得する為、沖縄へ1人旅に行ったり 経験もないのにノリでホノルルマラソンを完走、というフットワークの軽さが特技。 気になったらすぐに調べないと気がすまない。 美容にも興味を持ち、様々な方法を自らの体で試した結果、 -7kgのダイエットに成功。リンパセラピスト・アロマケアセラピストの資格も取得。 好きなこと:海外旅行(南国)、グルメ、音楽、美容、ファッショ

怒りと戦う方法

怒りは最初の3秒が肝心です。

なぜなら、怒りの一番のピークはそこだから。

 

イラっとしてすぐに爆発してしまうと、関係のないことやそんなに怒るべきでないことまで

全てに火がついてしまいますよね。

人は一度怒ってしまうと、なかなか気が静まらないのです。

 

f:id:lune0222:20161206225417j:plain

ですが、イラっとしてから3秒じっと耐えると

不思議と怒りは納まって、冷静に判断ができる精神状態へと変わります。

 

そして、

・何に対して怒っているのか?

・何が気に入らないのか?

を自分に質問してみること。

 

感情にまかせて怒りを相手にぶつけたり、当り散らしたりしてしまうと

言いたいことの半分も伝わりません。

それどころか関係がもつれたり、すれ違ってしまいますよね。

 

冷静に何に自分は怒っていて、嫌な気分になったのか

相手にはこう期待していた・こうしてくれたら嬉しかった

と伝えられるとベストです☆

 

・・と書いておきながら

実際はそんなに上手くいかないこともありますよね?

 

どーしてもイライラが押さえきれない時。

 

分かります!!!

わたしも何度サンドバックを用意しようと思ったか。

 

では、冷静になれなくて感情コントロールできないときは

鏡の前で思いっきり変顔してみるのはどうでしょうか?

 

そして変顔をキープしたまま

上を向いて拳を突き上げて

思いっきりジャーーーーーーーーーンプ!!!

 

くだらなくて笑えてきませんか?

自分の姿に。笑

 

正直なんでもいいんです。

表情と感情は連動しているから、ふざけた顔とジェスチャーならなんでも。

笑顔でジャンプしながら、怒るなんてできないでしょ?

 

そうしているうちに、怒りの感情はふっといなくなっているのに気がつくと思います。

 

怒りの感情を出すのはいいですが、ずっとイライラしていると

眉間にシワが寄り、口角が下がり、

怒りのオーラで包まれてしまいます。

 

それはもっと嫌な出来事を引き寄せやすくなってしまうし

イライラしているときって、全ての人や物がイライラの対象に思えてしまいます。

 

だから怒りを上手に昇華させてあげるのが大事。

感情のコントロールが、意外とこんな簡単にできるものなんですね。

 

もし良かったら、この記事も読んでみてください☆

 

lune

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ