自分らしく生きる法則

【からだにいいこと】公式ブロガー。ファッション関連の専門学校を卒業後、約5年間アパレル事業に携わり 同時期に南国旅行に目覚める。OWダイビングライセンスを取得する為、沖縄へ1人旅に行ったり 経験もないのにノリでホノルルマラソンを完走、というフットワークの軽さが特技。 気になったらすぐに調べないと気がすまない。 美容にも興味を持ち、様々な方法を自らの体で試した結果、 -7kgのダイエットに成功。リンパセラピスト・アロマケアセラピストの資格も取得。 好きなこと:海外旅行(南国)、グルメ、音楽、美容、ファッショ

幸せになりたいときは

 幸せになりたいとき

『いいこと、ないかなぁ』

『どっからかお金でもふってこないかなー』

『今月の売り上げどうにかノルマ達成できないかなー』

誰かや何かの力を信じる。

つまり他力本願になっていませんか?

 

f:id:lune0222:20161217214042j:plain

人生のハンドルは自分が握っているもの。

 

だから、他人に幸せにしてもらおうとか

待っていたらいつか幸せになるんじゃないかとか

そういう考えでいる人は、自分の人生を生きられない。

 

だって自分で何の努力もしないのに

会うたびに毎回毎回『誰か良い人紹介してー』って言われたら

『たまには自分で探しなさい!』ってなるでしょ?

結婚だって、友達づきあい・近所づきあいだって

寄りかかってばかりいたらバランスが崩れてしまいます。

 

幸せのチャンスはそこらじゅうに落ちているし、自分で掴めるもの。

それを誰かから奪おうとすると、今度は自分も奪われます。

 

幸せになりたいときは、何を相手から貰おうじゃなくて、

どんな話題で相手を笑顔にしようかって考えるのがおすすめです。

『この間行った店のケーキがすっごく美味しかったから、今度のランチでおすすめしてみよう』

『○○さんが使ってるグッズわたしも頼んでみたけど、ほんとにいいね♪』

『そのチークの色、いいね!どこのか教えてー』・・・

 

共通しているのは、相手に興味を持っているということですね。

自分自分じゃなくて、目の前の相手をちゃんと見る。

そうすることで、相手も自分を見てくれるのです。

 

幸せの鍵はぜんぶ、あなたが握っています!

 

lune

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ